• 医薬品の輸送について

    医薬品の輸送は考えるほど簡単なものではありません。ほとんど全ての医薬品は、品質を保つために温度や湿度の範囲というものが定められています。

    M3Qの専門サイトのココです。

    これは倉庫などでの保管中はもちろんのこと、トラック等での輸送中にも当てはまります。

    一般的なトラックでは、とくに温度管理などされていない状態か、あるいは冷凍食品などを運ぶための冷凍便というものが多いです。

    冷凍であれば問題ないだろうと思いきや、医薬品の中にはある一定の冷蔵での温度管理が求められ、冷凍するまで冷やしてしまうとかえって問題があるものもあります。
    こういった医薬品を適切に輸送するための方策としては、大きく分けると2種類が考えられます。
    一つはもちろん輸送するためのトラックなどの内部を厳密に温度管理することです。



    温度センサーつきの冷蔵庫のようなものを考えて頂ければよいでしょう。
    これにより、外気温がたとえ真夏の暑さであっても、あるいは厳冬期で氷点下であっても、常に車内を一定の温度に保つわけです。

    これは間違いのない方法ですが、もちろんそれだけの設備投資が必要です。

    あなたの期待に応える保冷剤ならこちらのサイトがオススメです。

    もう一つの方法は、そのようなトラックなどが確保できない場合に、温度変化を受けにくい箱の中に医薬品を入れて搬送する方法です。


    クーラーボックスのようなものを思い浮かべていただければ結構でしょう。温度変化を受けにくくするための断熱材を入れたり、場合によっては箱の内部に輸送時間に応じた保冷剤を入れたりするわけです。